そのブラ大丈夫!?ふんわりルームブラを長持ちさせる洗い方と買い替え時期とは?

レースがふんだんに使われていて可愛い「ふんわりルームブラ」。

愛用している人も多いですが、レースが多い分気になるのが「洗い方、干し方」ですよね。

ふんわりルームブラは他のナイトブラよりも若干値段が高いので、できるだけ長持ちさせたい人は私だけじゃないはず!

というわけで、そんなあなたにおすすめの「ふんわりルームブラを長持ちさせる一番丁寧な洗い方と干し方」をお伝えします^^

 

ふんわりルームブラを長持ちさせる洗い方はやっぱり「手洗い」!

やっぱり、一番ふんわりルームブラを長持ちさせるのは王道の「手洗い」

具体的にどういう風に洗えばいいのか要チェックです^^

ふんわりルームブラの一番丁寧な洗い方

ふんわりルームブラを長持ちさせるための一番丁寧な洗い方は以下の通りです。

  1. パットを外す
  2. オシャレ着洗い用の洗剤を使う
  3. 40℃以下のぬるま湯で、ブラは「振り洗い」、パットは「押し洗い」

パットはつけたままでも洗えるのですが、より長持ちさせたいなら別で洗った方がベター。

洗剤は漂白剤などが入っていない中性洗剤を使いましょう。オシャレ着洗い用の洗剤がおすすめですね。

ちなみにわが家はエマールです↓ \ ホームクリーニングエマール♪ /

ふんわりルームブラについている皮脂や汗の汚れは水よりもお湯の方がよく落ちるので、バケツや洗面器に40℃以下のぬるま湯をためて、ブラは「振り洗い」、パットは「押し洗い」します。

力を入れてギュっギュっと洗ってしまうともちろん傷んでしまうので、「丁寧に優しく」がポイントです。

いくらお湯の方が汚れが落ちるからと言って40℃以上のお湯を使うと、逆に生地が傷んでしまうので要注意ですよ。

いちいち準備するのが面倒な場合は、お風呂に入るときに一緒に洗剤を持ち込んでついで洗いすると面倒さが軽減するのでおすすめです^^

 

どうしても面倒に感じる場合は、最低でも「オシャレ着洗い用の洗剤を使って、洗濯ネットに入れて脱水少なめモード」で洗うようにしましょう。

ちなみにわが家のドラム式洗濯機では「ドライマーク」のコースが一番脱水が少ないモードなので、手洗いが面倒くさくなったら洗濯ネットに入れて洗っています。

あと、長期間使ってきてすでに痛み始めてきたら洗濯機で洗うことが徐々に増えてきます^^;

 

ふんわりルームブラを長持ちさせる干し方

ふんわりルームブラ 干し方
丁寧バージョンは「乾いたタオルを押し当てて水気をしっかり取る」方法です。

形が崩れてしまうので、絶対に絞らずに優しく水気を取ってあげます。

お手軽バージョンは「洗濯機の脱水モードをめっちゃ短めにかける」というところでしょうか。30秒脱水をかけるだけでもかなり水気が取れるので、脱水しすぎないようにすることがポイントです。

水気を取ったら、日陰で吊り干しします。

ほかのナイトブラであればカップ下アンダーのゴム部分を洗濯ばさみではさんで逆さま状態で干すことが多いのですが、ふんわりルームブラの場合アンダーが繊細なレースになっているので気軽に挟めません。

そこで、おすすめなのが2つの方法です。

まず、ブラの中心を真ん中にしてハンガーに引っ掛ける方法です。

生地の傷みや伸びに関しては問題ないのですが、デメリットとしては風がある日は落っこちてしまいやすいというところでしょうか^^;

タオル掛けのようなものであれば、通せるので落ちてしまうことがなくおすすめです。

もう一つは、ハンガーに肩紐部分をひっかけて干す方法です。

本来この干し方をすると肩紐が伸びやすくなる可能性があるので×なんですが、ふんわりルームブラの場合、肩紐部分が太くしっかりしていますし、何よりこのブラの可愛さの肝であるレースを痛めないのでおすすめです。

ぜひお試しあれ^^
 

ふんわりルームブラの買い替え時期は「ほつれ」「毛玉」「伸び」が気になったとき

丁寧に洗ったとしても、「使って、洗って、干す」を繰り返せば徐々に傷んできますよね。

ナイトブラだけでなく、下着全般の寿命は「100回洗濯したとき」といわれています。

1枚を毎日使うなら3か月程度。3枚をルーティンで使いまわすなら1年程度が目安ですね。

ふんわりルームブラの効果をキープしたいのであれば、目安時期を超えてなくても、見た目がくたびれてきていたり、毛玉やレース周辺部分のほつれが気になったり、ゴムが伸びてきて胸のキープ力が下がってきたなと思ったら買い替えサイン

まぁ、私自身は買い替え時期超えても「ほんと最後まで頑張ったね!お疲れ様!!」と声をかけたくなるぐらい使い切ってから買い替えるタイプですが^^;

こういう「もったいない感覚」が過ぎるから女らしさが失われていくんだろうなぁと感じたアラサーなのでしたm(__)m

 

ふんわりルームブラを長持ちさせる洗い方と買い替え時期まとめ

ふんわりルームブラ 効果 口コミ

今回はふんわりルームブラを長持ちさせるための洗い方や干し方をお伝えしました。

要は、バケツや洗面器に40℃以下のぬるま湯をためて、ブラは「振り洗い」、パットは「押し洗い」を丁寧に、優しく行うことです。

干し方はブラの中心を真中にしてハンガーにかける方法と、ハンガーに肩紐部分をかける方法をお伝えしました。

本来ならアンダーの部分のゴムを洗濯ばさみで挟んでつるして干すのが一般的なのですが、レースが多いのでこの2つで。

買い替え時期は、「100回洗濯したとき」とも言われていますが、伸びや毛玉、ほつれなどで見た目がイマイチになったら交換です。

ふんわりルームブラを美しく着用したいあなたはぜひ参考にしてくださいね。

買い替えなら、公式サイトでセット買いするのがお得ですよ~^^

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です