ダイエットに効果的な漫画「スリム美人の生活習慣を真似したら…」の要約、感想まとめ

こんにちは、かずみです。

ゆるーくダイエット継続中ですが、モチベーションアップのために最近読んだのが「スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました」という本。

可愛いタッチの漫画なのでとても読みやすく、楽しく「ダイエットのモチベーションや考え方」を知ることができる本なのでダイエッターにおすすめの本です。

今回は、こちらの本を自分なりに要約してみたので、ダイエットを頑張りたいと思っている人やすでにもう頑張っている人の参考になれば幸いです^^
 

「スリム美人の生活習慣を真似したら…」はとても読みやすくてホッとする漫画だった!

まず、読んだ感想なんですが、とても読みやすく、わかりやすく、読み物としても面白いです。絵柄もほんわかしていてクセも少ないので楽しく漫画として読めます。

「そっかー、なるほどねぇ」「そうそう、わかる!!」なんて思いながらスイスイ読めてしまう感じですね。で、ちゃんと学びもあるという。

ダイエット本によくある「これこれこういう理由だからこうしましょう」「こうしなければいけません」という書き方ではなく、「私はこうしました」「こうすると良いですよ」という感じで優しく寄り添ってくれているように思えます。

というのも、著者のわたなべぽんさんも、1年で95キロから65キロまで体重を落とした方。しんどさや辛さも書かれているので、「一緒に頑張ろう」という気持ちになれるんです。

ダイエット中、定期的に読み直すと気持ちが引き締まると思います。
 

「スリム美人の生活習慣を真似したら…」自分なりに要約してみた

ここからは私が本書を読んでポイントとなりそうなところをざっくりまとめたものを書いていきます。

ピンときたものはぜひすぐに取り組んでみてくださいね^^

まずは自分から目をそらさず、現状を把握すること


今の身長体重だけでなく、食べているもの、飲んでいるもの、体を動かしているかどうか、食べ方、食べる時間…

耳が痛い話ではありますが、ありのままの今の自分を知っておきましょう。

本書では、「おデブさんにありがちなこと」「スリム美人にありがちなこと」という項目でたくさん書かれています。

レビューで「そうそう、わかる!」という共感が多いのはこういう部分が入っているからでしょうね~。

現状を把握しておくことで、スリム美人さんとどう違うかを比較することができますよ。

書き出した項目について、

でも、授乳中だからたくさん食べておかないと…
両親もおデブさんだし、遺伝ってのもあるから仕方ない…
忙しくて運動する時間ないし…

ハイ、言いわけ禁止!

本書にも書かれていたのが、「おデブさんは言いわけが多い」ということ。

言いわけはやめて、「どうやったらできるか」を考えることが大切です。
 

自分の周りのスリム美人さんを観察してみる

友達や街で見かけた人を観察してみましょう。

食事のときは何を頼むのか。パン屋では何を買っているのか。何を食べているのか。飲んでいるのか。

友達だったら、より近くで行動を見れるのでいいですよね。気になったこととかも聞きやすいですし。

スリムなお友達、素敵だなぁと思う人はふだんどんな行動をとって、どんな生活スタイルで、どんな考え方なのか要チェックです。
 

スリム美人さんならこういうときはこうするだろうな、と常に考えてみるクセをつけ、極力実行する


観察しつつ、自分も日々の暮らしの中で取り入れてみましょう。

最初から同じようにするというのは難しいと思いますが、「○○さんならこうするな」と意識するだけでも一歩前進です。自分がふだん何気なく行っていることや選んでいるものと、スリム美人さんのそれらの違いに気づいているということですから。

もちろん、意識するだけでなく真似できるのであれば真似した方がいいです。

ただ、「憧れの○○さんは早起きして1時間ウォーキングしてるらしいから私も早速頑張ろう!」と無理して頑張って挫折するというようなパターンに陥らないように注意
です。

無理なく、自分のペースで始められるところから真似しましょう。

いつも甘いジュースやカフェオレを好んで飲んでいたけど、水やお茶に変えてみよう。

家にいるときはどうでもいい恰好してたけど、家にいても気分が上がるようなスタイルをしてみよう。

いつもシャワーでササっと済ませてたけど、ゆっくりお風呂に入る習慣をつけよう。

今からでもできることを取り入れてみてくださいね!
 

おなかが減っていないなら食べない

これだけでもダイエットに効きそうですよね。

なんとなく、3食食べるのが当たり前になってしまって「時間が来たら食べる」みたいな生活を送っているのであれば、簡単に取り組めるコツですね。

働いている方の場合はお昼休憩が決まっていると思うので「食べない」というのは難しいかもしれませんが、休日などはぜひ実行してみてください。

あと、お腹いっぱいまで食べるのではなく、お腹が満たされたら食べるのをやめる、ということもスリム美人さんがやってておデブさんはやっていないこと。

残すのがもったいないと思うかもしれませんが、自分で量を調整できるものだったら、いつもより少なくしてみて、食べ終わったあと自分のお腹とおかわりするかどうか相談してみるといった工夫もできますよ。
 

減量したご褒美は「食べ物」ではなく、「美容グッズ」や「今までトライできなかったこと」にする

著者は5キロごとに区切って、クリアするたびにいわゆる「女子力アップのためのもの」をご褒美として設定されていました。

ついご褒美と聞くと「ケーキ♪」「焼肉♪」「おいしいお酒♪」となりがちですが、せっかくのダイエットに響いてしまいます。

せっかくならやっぱりもっと素敵になれるものをご褒美として設定しておくと、モチベーションアップも図れますし、ダイエットに影響もしないのでおすすめです。
 

停滞期は絶対焦らない!気長にのんびり、今まで通りの生活を続けよう

ダイエットをしていると確実にやってくるのが「停滞期」。ダイエットを頑張っているのに体重が減らないというのはキツイですよね。

ですが、ここで焦って無理すると、挫折します。

本書でも、「停滞期が来ると早く痩せたくて焦り、後先考えない極端な方法に走った結果、ツラさに耐えきれなくなって挫折した(ダイエットを辞めた)」という経験が語られていました。

この方法から逃れる方法として提案されているのが、「焦らず今まで通りのダイエット生活を続ける」ということ。

体重が減っていなくても、体の中は変わっています。大丈夫です。信じてゆっくり待ちましょう。
 

「スリム美人の生活習慣を真似したら…」@「参考になる」程度の人と「読んだ方がいい」人との違い

「スリム美人の生活習慣を真似したら…」@「参考になる」程度の人とは

  • もともと標準体重内であまり太っていない人
  • 食事や運動など、日頃意識して自分なりに取り組めている人

上記の人たちにとっては、楽しんで本を読めるとは思いますが、ガツンとくるところは少ないかもしれません。ふだんから意識していることだったり、意識せずともふつうにこなせていることだったりするので。

ただ、「良いところも悪いところも含めて現状をしっかり把握する」ということや、もっと「こうなりたい」という理想の人を思い描き、その人ならどう行動するかという視点を持って生活をしてみるというところは取り入れやすいのではないでしょうか。

私自身も「スリム美人」ではありませんが、標準体重内(157㎝50キロ程度)で運動や食事なども若干意識した生活を送っているので、そこまでガツーンと響くことは正直なかったです。

でも、「もっと理想の素敵な人を明確にして、同じような雰囲気や体型になれるように意識したいな」という気持ちは芽生えましたね。

「スリム美人の生活習慣を真似したら…」を読んだ方がいい人とは

  • BMI(体重kg÷身長m×身長m)が25以上の人
  • 食事制限や運動に関して「できない理由」ばかり探してやろうとしない人
  • 意気込みだけはいつもあるけど、結局動かない人
  • ダイエット→リバウンドを繰り返している人

他の方のレビューを見ていると、
「太ったのは自分のせいだから、自分が変われば痩せられる」
「自分に合った自分が肯定できるやり方をイメージする」

といった、随所に何気なくちりばめられている言葉やダイエットのスタイルに響く方も多いようです。

運動や食事制限ももちろん大切ですが、それ以上に重要になってくる考え方や日常生活の送り方に変化をもたらす本なので、ダイエットの第一歩をなかなか踏み出せない人にはとてもおすすめです。
 

「スリム美人の生活習慣を真似したら…」要約と感想まとめ


細かいコツはたくさんありますが、要約すると本のタイトル通り「スリム美人の真似をする」の一言に尽きます。

この本は、ダイエット方法に関しても軽く書かれていますが、正直ダイエットの具体的な内容としては薄いと思います。

最も効果的な使い方としては、「スリム美人になるための生活習慣やマインドを得る」ことや「モチベーションアップを図る」ことですね。

実際、アマゾンの本のレビューでも、評価が低い人の理由として「内容が薄い」「自分の知らないダイエット方法や情報はなかった」というものが多いです。

一方、評価が高い人は読みやすさ、わかりやすさ、面白さ、共感、そして何より、モチベーションが上がるというものでした。

そして、実際に5キロ、10キロ減量できたという口コミも多数ありました。

この本の特徴は「漫画で読みやすいところ」なので、実際に読んでいただいた方がスッと入ってきやすいですし、身に染みて理解&納得する割合も大きいと思います。

ぜひ、モチベーションアップのためにも気になったあなたは読んでみてくださいね^^

 

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です